メンバーの自己紹介【親川亮太編】

名前:親川亮太

初めまして、工事部の親川と申します。

私がこの仕事を始めたきっかけは、30歳を越えたころ自分自身を客観的に見据えた時に現状における社会的地位や同世代くらいの知人などと比べた時に自分への将来性に対して「このままでいいのか?」と焦りと不安を感じました。その頃、地元の同期で建築業を営んでる友人がおり、元々プライベートでも交流があって仕事に対する考え方や経営方針・将来設計など聞く機会があり、また自分自身の現状における地位や将来に対する不安などを話せる機会がありました。

それから会う度に、話を聞いて話していくうちに建築業への魅力を感じていきました。年齢的に心機一転ゼロからのスタートは、非常に厳しいだろう思いましたが技術者としての物造りへの情熱・お客様にとって高価で一生に一度のマイホームに携われる魅力や重要で重大な任務に凄く魅力を感じ、強い気持ちでこんな仕事をやりたいと思いました。

タイミングも合ってか、たまたま友人の会社の社員が退職されるのを機に友人の会社である(株)トラストプラン・シュンに入社する事になりました。最初は、友人としての関係もあって戸惑いましたが、それより自分自身の建築に対する思いや仕事に対する向上心が強く決断致しました。

今は、まだ覚える事が沢山あり日々勉強の毎日ですがお客様が納得して喜んで貰えるよう自分なりに妥協せず緊張感を持って、会社のテーマでもある「1棟1棟自分の住宅」を作る精神で頑張りたいと思います。

そして現場管理責任者として建築経験値・コミニケーション能力・現場への安全性・品質への向上を図り少しでもお客様へ対し、より良い建物が提供出来ればと思います。